名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

不貞による慰謝料として夫から500万円、不貞相手から180万円支払うとの合意が得られた事例

ご相談内容

Nさんは、夫が職場の女性と不倫していることを知り、夫と交際していた女性に慰謝料を請求したいとご相談にいらっしゃいました。

解決事例

夫にも不倫相手にも資産がなく、支払い能力に乏しい状態でした。

不倫相手に対しては、訴訟を提起し、慰謝料として180万円を分割で支払う和解が成立しました。

Nさんと夫との間では、夫は慰謝料として500万円を支払うとの約束を予めしていましたが、訴訟では約束の有効性を争ってきました。最終的には、慰謝料として500万円を分割で支払う和解が成立しました。

ポイント

訴訟では、夫の不貞行為に気付いてからの日記や、Nさんの心療内科への通院内容等を提出し,被害感情を丁寧に立証していきました。

夫が訴訟において500万円を支払うとの合意の有効性を争った点については、合意の経緯について詳細に主張立証を行い、最終的には、分割払いながら、500万円を支払う内容で和解しました。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談