名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

不貞慰謝料を請求され,裁判上の和解で解決した事例

ご相談内容

相談者は,不貞慰謝料を求められ,訴訟を提起されました。相談者からすれば,確かに不貞はあったものの,先方が積極的であり自分が請求されることに納得できないという思いを有していました。

解決事例

訴訟の中ではまず,慰謝料の減額の要素をピックアップいたしました。具体的には,不貞の回数が少ないこと,不貞の時点において夫婦関係は冷え切っていたこと,相談者自身は積極的ではなかったこと,などを主張いたしました。また,本来は原告の配偶者にも半分以上を負担してもらう必要がある点も主張いたしました。その結果,相談者は一般的な相場から相当減額した金額を支払うことで和解をしました。

ポイント

不貞慰謝料を請求された場合,あわてずに弁護士に相談をしてください。そもそも支払う必要がない事例もありますし,支払う必要があるとしても減額要素の多い事例もあります。もちろんその逆に,増額要素の多い事例もありますが,まずは弁護士に相談し,自分が支払うべき相場の金額を把握するところからスタートしましょう。また,本来は原告側の配偶者にも責任はあるのですから,原告側の配偶者をどのように関与させるかも重要なポイントとなります。あわてず,ゆっくりと,納得できる解決を目指してください。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談