名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

夫名義のマンションに居住し続ける合意をした事例

ご相談内容

夫名義のマンションで暮らしていましたが,ある日,夫が家を出て行きました。娘と2人の生活になった相談者は,今後の生活費を支払って貰うよう夫に交渉してもらいたいと,相談に訪れました。

解決事例

当方から,婚姻費用(生活費)の支払いを求めて調停を起こしました。調停の中で,当方の最も強い希望はマンションに住み続けることにあり,ローンを払い続けている名義人である夫は難色を示しておりました。交渉の結果,当方がマンションに居住し続ける間は,一般的な婚姻費用の金額から,数万円を差し引くことで,合意に至りました。

ポイント

男性側がローンを支払い続けているマンションや住宅に居住を続けている場合,婚姻費用や養育費の支払いで争点となります。男性側は出て行くように主張し,仮に出て行かないのならローン金額全額を差し引くという主張をします。女性側は,ローンは財産形成の側面がある以上,婚姻費用や養育費とは別だ,差し引くべきではない,という主張をします。ここは最高裁判断のない法的争点であり,現在の名古屋家庭裁判所は,一般的に必要とされる居住費程度は差し引くことが多いかと思います。婚姻費用や養育費の問題も,算定表だけでは解決できない場面が多数あります。困ったら,弁護士にご相談ください。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談