名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

妻名義のオーバーローン不動産を夫に引き継いだ上、慰謝料300万円の支払いを受けることができた事例

ご相談内容

Aさんは、10年ほど別居している夫から離婚調停を申し立てられました。Aさんも離婚すること自体は了承していましたが、財産分与と、夫の不貞行為に対する慰謝料を請求したいということで、ご相談にいらっしゃいました。

解決事例

まず、夫婦の共有財産は、残ローンが1500万円ほどのオーバーローンの不動産しかありませんでした。Aさんは高齢で安定した収入もなく、今後1500万円のローンを支払い続けていくことは負担が大きいため、離婚後のAさんの生活を考え、調停では生活状況が厳しいことを具体的に主張し、夫にローンごと不動産を引き取ってもらうことができました。

また、夫の不貞については証拠がなく、夫も当初、不貞の事実を否定していましたが、最終的に認めるに至り、慰謝料として300万円の支払いを受けることができました。

ポイント

本件では、訴訟になれば、不貞については証拠がないので否定され、且つ別居期間が長いので離婚だけ認められてしまうという可能性も十分ありました。そこで、離婚後の生活まで考えて、粘り強く十分に時間をかけて調停で相手方と話し合いを継続したことが、結果としてAさんにとって良い解決に繋がった例です。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談