名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

婚姻期間中にした借入(借金)について

ご相談内容

妻が出ていき、離婚(財産分与・慰謝料請求等)と婚姻費用支払の調停が申し立てられました。離婚することはやむを得ないと考えますが、生活のためにした借金の返済があり、財産分与や慰謝料・婚姻費用を支払う余裕がありません。

解決事例

離婚調停と婚姻費用の分担請求調停が申立てされましたが、夫には資力がほどんどありませんでした。調停において、家庭生活のためにした借金の内容を詳細に主張し、その返済を今後も夫が行っていくことを条件に、妻から夫に対する財産分与や慰謝料・婚姻費用の請求を取り下げていただき、養育費のみを支払うことにて離婚が成立しました。

ポイント

結婚生活に関連して負った債務がある場合、財産分与の金額に影響が出る場合もありますので、離婚の際には、債務についても検討する必要があります。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談