名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

婚姻費用の請求をして、離婚についても合意が成立した事例

ご相談内容

Iさんは、相手方から度重なる暴力を受けてきました。また、Iさんは相手方が生活費をほとんど渡さない、家のものを壊すなどしたため、経済的にも困窮した状態に置かれました。そこで、Iさんは相手方と別居し、自分で離婚調停を申し立てましたが、合意ができなかったため、相談に来られました。

解決事例

以前に調停を申し立てた時、婚姻費用に関して請求をしなかったので、Iさんは経済的に苦しい思いをしていました。そこで、離婚の調停を申し立てるとともに、婚姻費用の分担調停も申し立てました。調停において、相手方は離婚すること、養育費を支払うこと、年金分割についていずれも応じましたので、第1回調停期日においてスピード解決となりました。

ポイント

離婚の話合いをする場合、離婚するまでの生活費が心配、という方は多いと思います。離婚をするまでの生活費にあたる婚姻費用については、家庭裁判所は、支払いを請求した日以降の金額を認める傾向にあります。そこで、生活に対する不安をなくすためには、少しでも早く婚姻費用の調停を申し立てるべきであるといえます。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談