名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

弁護士作成の和解契約書を示すことで,早期に不貞相手との和解を成立させた事例

ご相談内容

Aさんは,夫の不貞行為に気づき,不貞相手に対して,夫との交際解消と慰謝料を請求したいと考え,ご相談に来られました。

解決事例

不貞行為に関しては,明確な証拠が揃っていましたので,不貞相手の言い逃れの可能性はほとんどありませんでした。そこで,弁護士において,Aさんの望む和解条件を和解契約書にまとめ,不貞相手に提示し,和解を申し入れました。,Aさんの望む和解条件を書面で明示したことで,不貞相手にはAさんの要望を速やかに理解してもらえたため,早期に和解に応じてもらうことができました。

ポイント

不貞相手との交渉は感情的になりがちですので,ご自身のご意向が上手く伝わらず,和解成立まで時間を要してしまうことがあります。また,和解が成立しても,和解条件をきちんと和解契約書に残しておかない場合,不貞相手と配偶者の関係が継続する不安等がのこってしまう場合があります。そこで,ご自身で不貞相手との交渉自体は可能という場合でしても,後々のトラブルを回避し,抜本的な解決を図るべく,弁護士に和解契約書の作成だけを依頼することも可能です。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談