名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

示談交渉で早期に慰謝料請求が認められた例

ご相談内容

Aさんは,夫が会社の同僚と不倫関係にあるため,会社の同僚に対して慰謝料請求をしたい,謝罪をしてほしい,会社を辞めてほしい,とご相談にいらっしゃいました。Aさんはご相談前に探偵を雇って不倫の有無を調査しており,夫が会社の同僚の自宅で一晩一緒にいた証拠もお持ちでした。

解決事例

不倫相手の住所が分かっていたので,まずは,弁護士から慰謝料の支払いを求める文書を送付しました。その後,相手が代理人をつけたので,代理人と交渉を開始したところ,不倫の事実に関する証拠があったため,相手は素直に慰謝料請求に応じ,早期解決に繋がりました。また,会社を辞めることも承諾し,Aさんのご意向に沿った解決となりました。

ポイント

早期に弁護士を依頼し,弁護士柄不倫相手に請求をすることで交渉がスムーズにいき,相手が任意に慰謝料を支払ってくれるケースは多数あります。また,このケースでは,夫の不倫相手が会社の同僚であったという事情があり,退職についても,早期に合意をすることができました。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談