名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

配偶者の不貞相手に対する不貞慰謝料請求

ご相談内容

Tさんの配偶者は,数年にわたり,不貞行為を行っていました。依頼者のTさんは,配偶者の不貞行為には気付いていませんでしたが,Tさんが配偶者が体調を崩したのをきっかけに,Tさんに不貞行為の事実を告白するとともに謝罪しました。Tさんとしては,不貞相手を許すことはできなかったので,不貞慰謝料請求を行うよう,弁護士に依頼しました。

解決事例

不貞相手の携帯電話番号は分かったものの,住所は分からなかったので,まずは携帯電話に弁護士から連絡をし,Tさんから依頼を受けたこと,当方の主張について書面を送りたいので,住所を教えていただくように依頼をしました。弁護士からの連絡ということもあり,住所についても教えて頂くことができ,当方の希望である200万円を支払うように送りました。その後,交渉を重ね,当方の請求額どおり,200万円を一括で支払ってもらうことができました。

ポイント

配偶者が不貞行為(浮気)を行っていた場合には,不貞行為していた配偶者のみならず,不貞行為の相手方に対しても慰謝料を請求することができます。これは,不貞行為が,配偶者としての法的地位を侵害するものだからです。また,不貞行為があった場合には,①配偶者に対してのみ,②相手方に対してのみ,③両方に対して,という3つのパターンでの請求を行うことができます。今回の事例では,不貞行為は発覚したものの,夫婦関係は続けていくということになりましたので,不貞行為の相手方に対してのみ,請求を行いました。
不貞行為の発覚に伴い離婚についても検討するという場合には,配偶者に対して離婚及び財産分与等,不貞慰謝料請求とあわせて主張することになったでしょう。夫婦の状況に応じて,対応を変えていく必要もあります。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談