名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

離婚と不動産売却

ご相談内容

Aさんの妻が子供を連れて出て行き別居しています。Aさんは離婚を希望していますが,当事者間での話合いが進みません。
妻と離婚するのであれば,不動産の価値が残ローンをよりも高いうちに,家族で居住していた自宅マンションを売却したい。また、身に覚えは無いが、不貞を疑われているようだと相談に来られました。

解決事例

Aさんは、離婚することを第1に考えていました。
相手方との話し合いができない状況であったため、早期に離婚調停を申し立てました。
離婚調停では、相手方がAさんの不貞を主張してきたものの、納得する額の解決金を支払い、離婚する方向で話ができました。
調停中に不動産の売却をすすめたことで、早期に不動産を売却するというAさんの意向に沿う解決ができました。

ポイント

相手方から当方の不貞を主張されている場合、離婚したくても話合いが長引くことが良くあります。
相手方が金銭を要求してきた場合、慰謝料の相場や、支払うことで早期離婚するメリット等を説明します。
今回は、Aさんが納得できる範囲の解決金に収まりました。
また、不動産売却を離婚の交渉と並行して進められたため、早期に売却し、不動産価値が下落するのを防止しました。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談