名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

離婚ブログ

過去の記事

『熟年離婚』という言葉がよく使われます。
長く連れ添ったご夫婦が離婚するということは、非常に残念なことではありますが、様々な事情や世相などからご相談いただく件数が増加していることも事実です。

さて、そこで、このようなケースで知っておくべきべきポイントとして・・・
『年金分割』という制度があります。
 この制度は2007年4月以降に離婚した夫婦の間に適用されます。
 婚姻期間中に配偶者が勤先等で納付された厚生年金(共済年金)の納付記録が分割されて、専業主婦であった妻でも夫の年金の一部を受給できるようになるというものです。
(協議離婚においても裁判離婚においてもその分割割合は、おおよそ半分とされております。)
 特に専業主婦をされていた方で、離婚すると、老後は国民年金のみで生活していかなければいけなくなる、という理由で離婚をためらっている主婦の方には、是非、知っておくべき制度ですね。
 手続きとしては、年金事務所に行って書類を出してもらい、原則、配偶者との間で、話し合いをししますが、まとまらない場合、裁判所に申立可能ですし、また、離婚の際、調停や裁判離婚の手続きをとった場合は、年金分割を記載した調書等があれば手続き可能です。

年金制度は年々法改正が進み、仕組みも大きくかわることがあり、手続きが面倒な部分もありますが、当事務所には、年金のプロである社会保険労務士もおりますし、また、なにより、この制度を知っているのと知っていないでは、離婚後の生活への安心感に大きな違いがあります。
是非、心にとどめておいて欲しい制度です。    小牧事務所所長 上禰 幹也 (じょうね みきや)

離婚法律相談