重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

不貞慰謝料について、早期に和解が成立した事例(1)

ご相談内容

Aさんは妻がいる男性と親密な関係にありました。そうしたところ、男性の妻から、慰謝料請求の訴訟を起こされてしまいました。

解決事例

当方の経済状況や、相手方の家庭が破綻には至っていないことを裁判所で丁寧に説明をし、早期に、相手方の主張する金額から大幅に減額をし、かつ分割払いの形にて、和解を成立させることができました。

ポイント

不貞行為の慰謝料については、不貞行為に至った経緯、どちらが主導していたか、不貞行為によって家庭が破綻にいたったか等により、大きく変動をします。そういったことを相手方に効果的に主張をし、早期に和解を成立させることで、経済的、精神的な負担をできるだけ小さく、事件を終了させることができることもあります。悩んだら、ぜひご相談下さい。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談