重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

不貞慰謝料を請求された事例

ご相談内容

Aさんは、相手方Bさんの夫であるCさんと不貞関係にあったため、Bさんより慰謝料請求をされました。BさんとCさんは離婚はしておりませんでしたが、500万円という高額な金額でした。また、家や会社に電話をかけてくるなどしていました。

解決事例

まずは、Bさんは感情的になっていたため、今後は弁護士のみを窓口として頂くようにお願いし、本人への直接の接触はやめて頂くようにしました。その後、不貞行為については謝罪をしながら、法的な観点より慰謝料金額の交渉を行い、100万円を下回る金額にて、早期に示談を成立させました。

ポイント

不貞行為をしてしまった場合、不貞相手の妻(あるいは夫)より、慰謝料請求をされることがあります。しかし、一言に不貞行為と言っても、その態様・主導的な立場にあったかどうか・不貞行為により夫婦関係にどの程度の影響を与えたのか等により、慰謝料金額は大きく異なります。また、弁護士委任により、相手方から直接の連絡を受けることを防ぐことができることがあります。お悩みの際には、ぜひご相談下さい。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談