名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

不貞慰謝料請求を受けたが当初請求額から350万円減額した額で示談が成立した事例

ご相談内容

相談者であるAさんは,Bさんと男女の関係になりましたが,Bさんには夫のCさんがいました。AさんとBさんの関係がCさんに発覚し,Cさんは,Aさんに対し,不貞が原因でBさんと離婚するに至ったとして,500万円の慰謝料を請求しました。また,Cさんは,Aさんに頻繁に電話を掛けたり,Aさん宅を訪問するなどしていました。

解決事例

Aさんから受任後,Cさんに対し,Aさんへの直接連絡は止めるよう強く申し入れをし,これによりAさんへの直接連絡はなくなりました。また,500万円という慰謝料額はCさんらが離婚に至ったことを考慮しても高額に過ぎると思われたことから,金額交渉を行い,最終的には150万円の慰謝料の支払いにより示談が成立しました。

ポイント

当事者間で不貞慰謝料額の請求が行われる場合,実務上認めがたい過大な請求が行われる場合も少なくありませんので,請求を受けた側は,請求金額の妥当性を慎重に検討する必要があります。しかし,請求を受けた側は,相手方からの頻繁な電話連絡,訪問を受けることもまた少なくなく,冷静な判断ができないおそれがあります。交渉の窓口を弁護士に一本化すれば,相手方からの直接連絡を回避しつつ,弁護士の助言を受けることにより,冷静に交渉を進めることが期待できます。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談