名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

不貞慰謝料請求を受けたが,当初の請求額より400万円の減額して早期に解決した事例

ご相談内容

相手方が突然私の家に訪れ,「不貞をされたので慰謝料を支払ってほしい」と言ってきました。確かに不貞をしたことは事実ですが,かなり前のことですし,家に来られるのは非常に困ったので帰ってもらいました。
その後,相手方から損害賠償を求める訴状が届きました。
どのようにすればよいでしょうか。

解決事例

第1回の期日で,「相手方の請求額から約400万円の減額した金額を支払う代わりに,今後お互いに一切連絡しない」という内容の和解が成立しました。
ご依頼をいただいてから1ヶ月半のスピード解決に至りました。

ポイント

不貞に基づく損害賠償請求権は,3年で時効により消滅します。したがって,今回は,時効により損害賠償請求権が消滅している可能性もあります。もっとも,本件でもっとも問題になるのは,「相手方が直接家に訪問してきている」という点です。今後もそのような行為を繰り返される危険もありました。
そこで,一切の支払いを否定するのではなく,相手方の請求額を減額した上で,一定の額を支払い,かつ,「お互いの接触を禁止する」内容の条項を設けることにしました。

感情のもつれも大きいため,訴訟が長引くことも予想されましたが,事前に裁判所に当方の意向を示し,かつ早期に相手方に主張を伝えたところ,第1回期日での解決になりました。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談