重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

不貞相手から慰謝料150万円を受領し、夫への求償権の放棄を求めた事例

ご相談内容

Nさんは、夫がある女性と不貞関係にあると知り、別居しました。子が幼いため離婚の決心はつきませんが、夫の不貞相手へ慰謝料を請求したいと思い、ご相談にいらっしゃいました。不貞の証拠として決定的なものはありませんでした。

解決事例

夫の不貞相手方に内容証明を送ったところ、相手方に代理人がつきましたので、代理人と交渉を開始しました。代理人は、不貞行為があったことは認めたものの、その回数が一度にとどまること・相談者が未だ離婚していないことから、①払えるのは80万、②不貞相手から夫への求償権放棄はできない、という回答でした。その後も何度か交渉し、結果として150万円の慰謝料と求償権を放棄する内容で和解が成立しました。

ポイント

相手が新婚(不貞時は独身)で、和解での早期解決を強く望んでいるようでした。なかなか金額と求償権について折り合いがつきませんでしたが、相談者の意向も踏まえ、こちらの主張する内容で和解できなければ訴訟提起すると強気で交渉したところ、こちらの要求どおりの内容で和解ができました。弁護士に依頼した事で、早期かつ有利に交渉を進められた事案といえます。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談