名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

不貞相手から,慰謝料150万円を獲得した事例

ご相談内容

夫が不貞行為を行っていたことが発覚した。
浮気相手に対して,慰謝料を請求したいが,自分だけでは交渉できるか不安なので,弁護士に依頼したいと相談に来られました。

解決事例

弁護士が就任し,相手方に対して請求書を送付し,交渉を開始しました。
相手方からは減額の交渉等が行われましたが,最終的に総額150万円の支払いをすることで合意になりました。

ポイント

配偶者も浮気相手も,不貞行為を認めている場合であっても,慰謝料の金額・支払方法でトラブルとなることは頻繁に見受けられます。
そのような場合には,弁護士が代理人として交渉を行うことで,適切な内容で示談することも可能です。
なお,近時に浮気相手に対する,慰謝料請求について最高裁判例が出ましたので,浮気相手への慰謝料請求には注意が必要です。
この点も含めて,単なる浮気相手への慰謝料請求だとしても,一度弁護士にご相談に来られることをおすすめいたします。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談