重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

不貞相手の電話番号は分かるが、氏名・住所等が不明な場合の慰謝料請求

ご相談内容

Kさんは、夫の携帯電話の履歴などから不貞行為があることと、その相手の電話番号はつきとめましたが、相手の氏名や住所などが分かりませんでした。相手の情報は乏しいけれども慰謝料を請求したいとご相談にいらっしゃいました。

解決事例

慰謝料を請求するため、弁護士法に基づいて電話事業者への照会・調査をしたところ、不貞相手の住所・氏名を特定できました。相手に慰謝料を請求し、賠償をうけることができました。

ポイント

弁護士は、民事上の権利の行使のために、法律上、一定の事実調査の権限を持っています。依頼者ご自身では、請求の相手方を特定することが難しいケースでしたが、ご依頼いただき、各種調査権限を組み合わせて行使したことが奏を功し、ご満足いただける結果に繋がりました。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談