名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

婚姻関係破綻の主張をして離婚が認められた事例

ご相談内容

Aさんは,調停を自分で申立てたところ,相手方は,1度期日に出席しただけで,その後,欠席されてしまい調停は不調に終わってしまいました。そこで,弊所にご相談に来て,訴訟のご依頼をしていただきました。
主要な争点は,婚姻を継続し難い重大な事由が認められるかです。

解決事例

相手方の住民票上の住所に訴状を送達しましたが,送達できず,住居調査が必要になりました。住居調査を行い,裁判所に報告書を提出し,無事送達を行うことができました。相手方本人が,出廷しましたが,当方としては,別居期間が6月年間経過していること,相手方としても婚姻関係の破綻を認めている等の主張をし,無事,離婚を認める判決を得ることができました。

ポイント

一般的に別居期間が,長期に及んでいる場合は,離婚が認められると言われていますが,その他の事情についても,もれなく主張することにより,離婚の請求をすることがポイントになります。
また,訴訟を提起する際に,訴状の送達ができないという問題が生じることもなくはないので,その際に,適切な住居調査を行えるかがポイントとなります。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談