重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

弁護士委任により1ヶ月で離婚成立に至った事例

ご相談内容

夫のモラハラとも思える発言が日常的となっており,これ以上一緒に暮らすことは困難だと感じ,私が実家に帰る形で別居を始めました。子どももいないため,当初は本人同士話し合って離婚しようと思ったのですが,夫が離婚に応じてくれず,私も直接交渉することに精神的な限界を感じたため,相談しました。

解決事例

夫は当初離婚に反対していましたが,離婚に応じないのであれば,毎月の生活費(婚姻費用といいます)を請求しつつ,離婚調停を申し立てるなどしてこちらも腰を据えて話合いを続けていく方針を確認しました。弁護士から夫に対しては,当方の離婚の意思は固く,復縁の可能性は無いこと,離婚に応じて頂けず別居が続くようであれば,婚姻費用の請求をせざるを得ないこと,等を説明し,離婚の方向に向けて説得を続けたところ,2週間程度で離婚に応じることには同意して頂け,その後離婚条件の決定,離婚協議書の取り交わしまで受任から約1か月のスピード解決となりました。

ポイント

配偶者が離婚そのものには同意している場合には,離婚条件さえ決まれば早期に離婚することができます(協議離婚,といいます)。本人同士の話合いで離婚に応じてもらえない場合でも,弁護士が介入することで,離婚が早期に成立するケースが多々あります。
今回も,弁護士が介入することで,後々の紛争の心配も無く,早期に離婚に至ることができました。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談