名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

慰謝料を請求し,住宅ローン付のオーバーローン不動産についても訴訟上の和解が成立した事例

ご相談内容

Aさんは不貞した夫が家を出て行く形で別居が開始されたが,住宅ローン付のマイホームの処理と慰謝料の点を解決したいということで弊所に来所されました。

解決事例

不貞行為については証拠の収集を保全に努め,訴訟上慰謝料請求を行いました。不貞相手の女性と夫から,合計300万円の慰謝料を獲得しました。住宅ローン付のマイホームについては,不動産の価値より住宅ローン債務の方が多い,いわゆるオーバーローンの状態でありましたが,Aさんは子らと引き続き自宅に住み続けることを強く希望されたので,訴訟ではこちらが不動産を取得し,その後の住宅ローンについてはAさんが支払っていく方向で調整を図りました。夫がそのまま主債務者となっていると,不払いを起こした場合に立ち退き等のリスクがあるため,金融機関とも債務者変更に向けた調整を行い,同手続も行った上での解決となりました。

ポイント

慰謝料請求については不貞行為発覚後速やかに証拠を確保する必要があります。発覚時には不貞行為を認めていたのに,その後「食事に行っただけ」等,否定し始めるということもよくありますので,録音やメール等の確保など,証拠確保の段階から弁護士が関与したほうが良い事例が少なくありません。住宅ローン付不動産の処理については,金融機関の手続も絡んで,売却のみでは済まない場合も多くあります。養育費とは別途住宅ローンを負担してもらえるのかどうかなど,弁護士が関与して法的な解決を図っていく必要性の高い分野となります。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談