重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】

名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

所在不明の相手方との離婚を成立させた事例

ご相談内容

AさんとBさんは、BさんがAさんの家を出ていく形で、別居を開始しました。Aさんは離婚を決意しましたが、Bさんの所在が分からないため、当事務所にご相談に来られました。

解決事例

速やかにBさんの所在を調査しましたが、不明であったため、Bさんの勤務先を送達先として、離婚裁判を起こしました。Bさんは結局裁判にも来られませんでしたが、裁判所に、離婚を認めて頂き、離婚を成立させることができました。

ポイント

相手方の所在が分からない場合、当事者のお話合いにより離婚を成立させることは困難な場合があります。そのような場合でも、裁判所に訴訟を提起し、裁判所に離婚を認めてもらえることがあります。相手方の居場所がわからずお話合いができないような場合にも、当事務所までご相談を頂ければと思います。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談