名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

所在不明の相手方との離婚を成立させた事例

ご相談内容

相手方は、10年以上も前に家を出て行ったきり、連絡も取れず、どこに住んでいるかも分からない状態になっています。いつまでもこのままにはしておけないので、離婚がしたいです。

解決事例

相手方の所在調査を行いましたが、手がかりとなるものはありませんでした。そのため、相手方の所在が長期間不明であることを前提に、離婚裁判を起こし、相手方の親族の協力を得て、所在不明であることを示す資料を裁判所に提出することにより、相手方の所在が不明なまま、離婚を認める判決を出して頂きました。

ポイント

相手方の所在が分からない場合、いわゆる協議離婚や調停離婚を成立させることは困難ですが、裁判手続により、離婚を成立させることができる場合があります。相手方の所在が分からない場合でも、あきらめずに、一度弁護士にご相談下さい。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談