名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

早期に離婚の合意をした事例

ご相談内容

Aさんは,性格の不一致を理由として奥様との離婚を考えておられました。Aさんの奥様も離婚自体には同意されていましたが,婚姻後に購入したAさん名義のマンションの取扱い,お子様との面会交流,養育費の金額等について,きちんとした形で取り決めをし,できるだけ早期に解決したいとのお気持ちから,ご相談にお越し頂きました。

解決事例

受任後,Aさん名義のマンションの取扱い,お子様との面会交流,養育費の金額について,Aさんの意向を書面にて通知しました。そうしたところ,Aさんの奥様も代理人を選任し,代理人との間で離婚条件について書面のやり取りを重ねました。特に,Aさん名義のマンションの取扱いについて,見解の相違が大きかったですが,最終的にはAさんにも納得ができる内容の取り決めができました。できるだけ早期に解決したいとのAさんのお気持ちを踏まえ,迅速な対応を心掛けたことから,年末のご依頼でしたが,年度内の解決が実現でき,Aさんは心機一転新年度を迎えることができました。

ポイント

離婚の合意をする際には,後の紛争を回避するため,離婚条件を法的に疑義が生じない形で取り決めをすべきであり,弁護士の助言を受けるのが適当です。また,離婚協議を弁護士が代理することによって,ポイントを絞った協議ができ,協議が円滑に進むことが期待できます。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談