重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

男性側で、不貞がないことを立証し、請求棄却判決を得た例

ご相談内容

Iさんは、趣味で知り合った女性Xさんと仲がよくなり、一緒に出かけたり、メールをしたり、SNSでやり取りをするようになりました。あくまでグループ交際の範囲内でしたが、その女性Xさんのご主人から不貞を疑われて、弁護士から内容証明郵便が届いたためご相談にいらっしゃいました。

解決事例

Iさんの言い分や客観的に起きた事実を、Xさんのご主人の弁護士に説明しました。しかしXさんのご主人の理解を得ることができずに、訴訟が提起されました。訴訟では、日記、手帳、SNSなどを分析して、一覧表を作成し、一日ごとの行動を全て解説しました。その結果、不貞行為は行われていないと裁判官は判断し、名古屋地方裁判所において、請求を棄却する判決を得ることができました。

ポイント

不倫関係にはないが、仲が良い異性がいる、というパターンで、慰謝料請求訴訟にまで発展することは珍しくありません。相手の疑問に対し粘り強く説明し、誠実に向き合わなければ事実と異なる判決が出ることもあります。不貞行為がないにもかかわらず、慰謝料請求を認める裁判例も多くはありませんが存在します。一定額の支払いで和解をすることも見据えた、現実的な解決も同時に検討する必要があります。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談