重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

相談から2ヶ月後に離婚が成立した事例

ご相談内容

結婚して2年目です。夫が子供の面倒をみず,ゲームにばかり執心しています。
夫と離婚したいのですが,どうしたらいいですか。

解決事例

婚姻期間が2年と短く,また賃貸マンション暮らしでしたので,夫婦共有財産は少額でした。
そのため,離婚と親権を最優先に調停期日に臨みました。
第1回調停期日において,双方の年収をもとに養育費額を定め,第1回期日当日に離婚が成立しました。
実に相談から2か月後の離婚成立という,スピード解決でした。

ポイント

養育費の分担義務は,20歳に達するまでとするのが原則です。
子どもが成人に達すれば,自ら働くなどして生計を立てられますし,親の子に対する扶養義務もなくならるからです。
ただ,相手方との話し合い次第で,子が大学を卒業するまで(たとえば,「22歳に達した後に到来する3月末日まで」)養育費として一定額を支払うという合意をすることも可能です。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談