重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

訴訟段階から依頼を受けて,相手方の要求額を大幅に減少させた事案

ご相談内容

数年前に子供と妻が家を出て行き,妻が代理人をつけて離婚を求めてきました。その後離婚調停,離婚訴訟を相談者自身で行っていましたが,私が妻に多くの財産を譲る内容で裁判所での話し合いが進んでいましたが,本当にこの内容が妥当か不安になり,弁護士に相談に行きました。

解決事例

訴訟の終盤で弁護士が就任し,相手方からの主張に対して,ひとつひとつ反論し,訴訟活動を行った結果,弁護士が就任する前の和解内容から,慰謝料の請求がなくなり,不動産についてローンの整理をして当方が取得するといった形での和解が成立しました。

ポイント

離婚事件については,ご本人だけで事件をすすめることもあります。
しかし,その場合には,必ずしも話し合いが一方当事者にとって適切な内容になっていない場合があります。
もし,ご自身だけで離婚調停や離婚訴訟を行っている方がいらっしゃいましたら,自身の処理が適切かどうかだけでも,一度弁護士にご相談いただくこをおすすめします。
弊所は初回無料相談を実施しておりますので,一度ご連絡いただければと思います。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談