重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

証拠が相手方作成の謝罪文しかないなかで不貞慰謝料を請求した事例

ご相談内容

妻が共通の友人の家に行っているところを目撃しました。妻はただ話をしていただけと言っていましたが、独身男性の家に一人で行くこと自体おかしなことだと思います。友人を問いただしたところ、妻と関係を持ったのか持っていないのかはっきりとしない態度でしたが謝罪文の作成には応じました。妻と離婚したいのと、慰謝料を請求したいです。

解決事例

両者ともに浮気については否定していたため(謝罪文については無理やり作らされたという主張)、妻に対して離婚調停を起こし、友人に対しては訴訟提起しました。証拠上勝てるかどうかは微妙なところだったこと、もし負けた場合婚姻費用がかさむことから妻との離婚は早期に決着させ、友人に対する訴訟中心で進めました。裁判官からは証拠が謝罪文だけか、などと指摘されましたが、最終的には何度か会ったことを認める発言の録音なども提出し、50万円の解決金を受領しました。

ポイント

不貞の証拠としては、家やホテルに二人でいることの分かる写真や、恋人関係であることの分かるメール履歴、車のGPS履歴、録音などがありますが、本件は初回相談時点では全く証拠がない状態でした。その後、依頼者と相手方が直接話す機会があるということだったので、相手が認めているうちに、書面を作成してもらったり、会話を録音することで、証拠化しておくことが大事だとアドバイスしていました。そのことが解決金の受領につながったものだと思います。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談