名古屋で離婚、慰謝料、財産分与などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30

アクセスマップ

解決事例

調停を行ったことで離婚が成立した事例

ご相談内容

相手方とは2年以上前から別居をしています。
別居して直後に調停をしましたが何も決まらず終わりました。
現在連絡もほとんどとれていませんし、ほぼ関係はありません。
ですので、早く離婚したいですし、子供の親権も絶対に渡したくありません。

解決事例

当初は弁護士と相手方で話し合いを行いましたが、相手方も親権を取得したいという意思があったために、早期のうちに調停に移行しました。
調停に移行して、第1回で親権をこちらとする内容で離婚が成立しました。

ポイント

本件では、親権に関してはこちらに認められる可能性がほぼ高い事件でしたので、粛々と手続を進める準備をしていました。
その中で調停委員の方からも相手方に親権を取得できる可能性が低いことを説得してもらい、無事に1回調停を行っただけで解決することができました。
当事者では話し合いがまとまらないときでも、第三者が入ることで話し合いがまとまることは、よく見受けられます。
離婚に向けた協議をしてなかなか話がまとまらない方がいらっしゃいましたら、一度ご相談に来られることをおすすめします。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談