重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

調停・訴訟を経ない迅速な解決

ご相談内容

相談者様は,妻より協議離婚書案を送付され,財産分与,養育費,慰謝料の請求を受けていましたが,妻が提示した離婚条件が法的に妥当かわからないとのことで,ご相談に来られました。

解決事例

相談者様が妻から提示を受けた離婚条件は,訴訟等となった場合には認められない請求となっていました。そのため,妻に対し,妻の請求は訴訟等となった場合には法的に認められない請求であることを丁寧に説明しました。そこで,妻からの一定の譲歩も得られ,調停や訴訟に頼ることなく,協議によって離婚が成立しました。

ポイント

離婚については,相手方に弁護士が就いていない場合には,相手方から法的根拠に欠く請求を受けることがままあります。相手方の請求は法的根拠を欠くことを弁護士から説明することで,調停や訴訟を経ることなく,協議によって迅速に解決を図ることができる場合もあります。相手の請求の法的妥当性を確認するためにも,条件提示を受けた際には一度弁護士にご相談されることをお勧めします。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談