重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

過大な要求を拒絶した事例

ご相談内容

Aさんは,とある経緯で知り合った女性との間でトラブルになり,女性から謝罪等を要求するSNSのメッセージが大量を届いていました。Aさんは,トラブルの原因は自身の落ち度ではあったものの,日々エスカレートする女性のメッセージの内容に,平穏な生活が送れない状況になっていました。

解決事例

受任後,女性に連絡し,連絡窓口を弁護士に一本化する旨を伝え,これによりAさんへの連絡は止みました。また,女性に対し要求内容を明確化するよう求め,トラブルを金銭解決するための金額交渉を行ったところ,当初,女性は過大な金額を要求しましたが,最終的にはこうした要求の拒絶に成功しました。

ポイント

男女間のトラブルは,感情的になりがちで,相手が頻繁な電話連絡や事前連絡なしの直接訪問等の手段に出ることも往々にしてありますが,弁護士を介入させることで,相手方がこうした手段に出ることを抑制し,冷静に交渉を進めることが期待できます。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談