重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

離婚に応じない相手方に粘り強く交渉して離婚合意

ご相談内容

Aさんは夫のモラハラ等に疲弊して,離婚を決意しました。しかし,離婚原因が認められる程度の事情はなかったため,弁護士に依頼して話し合いによる解決を希望していました。

解決事例

調停を提起して,財産状況や離婚条件を当方から積極的に提示して,相手方がどこを問題視しているか知るために粘り強く交渉を行いました。当初,離婚に全く応じてくれなかった相手方でしたが,依頼者の気持ちが伝わったのか,経済的なメリットを認識したのか様々な理由があったと思いますが最終的には離婚に応じてもらうことができました。

ポイント

離婚に関しては感情的な点が問題になることが多いです。弁護士が入ることで,経済的観点など客観的なメリットを相手方へ提示することにより話し合いが進むことがあります。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談