重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

高額の財産分与を請求し,調停が成立した事例

ご相談内容

Aさんは,夫から複数の暴行を受けていました。また,夫はどうやら不貞をしている様子です。暴力を受けていること,不貞をしていることから,家族として共同生活を営むことは困難であったとして,離婚を決意し,Aさんは弊所にご相談にいらっしゃいました。

解決事例

まずは,暴行から避けるために別居のアドバイスを行いました。その際,加入している保険や預貯金の情報についてアドバイスをさせていただきました。その結果,加入している保険の解約返戻金,預貯金を財産分与の対象財産として請求することができました。
また,不貞についても調査を行うことで,不貞を疑わせる資料を入手することができました。
結論として,調停の手続の場で不貞慰謝料の分も含めて,1/2以上の財産分与として約400万円の支払義務を合意させることができました。

ポイント

別居をする前にご相談をいただけると,財産分与の対象となる財産の情報を集めてから別居をすることができるため,スムーズに交渉を進めることができます。
また,調停の場では柔軟な話し合いができるので,相手方が不貞を認めなかったとしても財産分与額の増額を主張するなどして,柔軟な解決をすることができます。

弁護士費用

詳細は、こちらをご覧下さい。

離婚法律相談