重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

離婚ブログ

過去の記事

 弁護士になって9年目になりますが、今まで夫婦・家庭に関連する様々な相談を受けてきました。

 弁護士への法律相談というと、「離婚」の相談を思い浮かべがちですが、弁護士は何も夫婦・家庭における「離婚」の問題だけの相談に乗るわけではありません。

 私は、相談者から相談を受ける際、まずは、できるだけ相談者の話に耳を傾けるようにしています。相談者は「離婚」するしかないと思い込んで弁護士事務所を訪れることが多いですが、よくよく話を聞いてみると、本音では「離婚」することなく、もう一度、夫婦関係をやり直すことができないかという思いを持っていることがあります。また、子供のことを考えると、直ぐに離婚するのではなく、子供が高校(または大学)を卒業するまでは、何とか今の家庭環境を維持していきたいという方もいらっしゃいます。

 「離婚」はあくまで、家族一人一人にとって、現状の夫婦関係・家庭関係を前向きに考えていく1つの方法にすぎないと思っています。

 私達弁護士は、相談者の方のお気持ちに耳を傾け、今後、どのようなライフスタイルを選択していくことが相談者にとって最適なのかを、様々な法的問題(子の親権、養育費、婚姻費用、財産分与、年金分割、慰謝料等)の検討を踏まえ、一緒に考えて行きたいと思っています。その上で、裁判所での調停や裁判などの法的手続も含め、具体的にどのような手段・手続を選択することが適切かを、相談者と一緒に考えていきたいと思っています。

 答えは1つではありません。思い詰める前に、是非とも少しでも早くご相談にお越しいただき、私達弁護士と一緒に考えていきましょう。

  名古屋丸の内本部事務所  弁護士 木村 環樹

離婚法律相談