重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

離婚ブログ

過去の記事

名古屋新瑞橋事務所所長の弁護士上禰幹也(じょうね みきや)です。

 

先回は、「熟年離婚」のタイトルで、年金分割の話題を取り上げさせていただきました。

https://www.rikonmondai.jp/rikonblog/%e3%80%8e%e7%86%9f%e5%b9%b4%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e3%80%8f/

 

 長く連れ添ったご夫婦が離婚するということは、非常に残念なことではありますが、様々な事情や世相などからご相談いただく件数が増加していることも事実です。

先回、私が「熟年離婚」のブログを書かせていただいてから、なんと5年以上が経過しておりますが、この間も、多くの50代・60代の方から、離婚のご相談をいただいております。

 

こうした50代・60代の方からの離婚のご相談を伺っていると、一方が離婚を求めても、「婚姻期間中ずっと働いていなかったため、今さら離婚と言われても働きにもいけない。年金ももらえるまで時間があるし、もらえたとしても額が少ない。生活が成り立たない」等の理由で、離婚の合意ができないケースが多いように思います。

 

他方、50代・60代の方は、婚姻期間も長く、その分、婚姻中に築いた財産も多い場合もありますので、離婚請求を受ける側から見れば、将来の生活まで見据えた十分な財産分与を条件に、あるいは離婚を求める側であれば、財産分与を交渉材料に、離婚の交渉を進めていくのも1つの手段となるでしょう。

とはいえ、近い将来もらえる退職金、住宅ローンを支払い終えた不動産、親より相続した財産、60代から支給が始まる個人年金保険など、50代・60代の方の財産分与には、他の世代の方にはない金額的に大きな争点があり、その交渉や主張の内容・方法により、結論が大きく変わることが多くあります。

 

当事務所では、「熟年離婚」のケースも多く扱わせていただき、経験を蓄積させていただいております。また、離婚の法律相談については、経済的なご負担とならないよう初回は無料とさせていただいております。上述した通り、「熟年離婚」では、離婚自体や財産分与について、精緻な交渉・主張が必要となる場合も多いので、お一人で悩まれる前に、ぜひ一度当事務所の弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

(当事務所にご相談をお考えの方は、以下のURLをご参照ください。)

https://www.rikonmondai.jp/flow/

  名古屋新瑞橋事務所 弁護士上禰幹也

離婚法律相談