重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

離婚ブログ

過去の記事

共働きのご夫婦が念願のマイホームを購入する場合に,ご夫婦でペアローン(同じ物件にご夫婦それぞれがローン契約を締結し,互いが互いの連帯保証人となること)を組むことも少なくないかと思います。

 ところが,ローン返済途中で離婚するとなった場合,ローン契約や不動産はどうなるのでしょうか。

具体的な事情により様々なパターンがありますが,本コラムでは代表的なものをご紹介したいと思います。

 

①一方がご自宅に住み続ける場合

 仮に,夫が離婚後もご自宅に住み続ける場合,夫はローンの支払いを続けていくことになります。

 では,妻のローンの支払いはどうなるでしょうか。

 妻は,自分が主債務者であるローン契約と,夫の連帯保証人であるローン契約の2つの契約の当事者となっています。

 方法としては,夫が借換えによりローン契約を1本化するようローン会社に交渉することが考えられますが,夫単独の収入では借換えの審査が通らない可能性もあります。

 そのような場合,ローン契約はそのままで,離婚協議書において,夫が責任をもって支払うことを取り決めする必要があります。

 

②ご自宅を売却する場合

離婚後にご夫婦のどちらもご自宅への居住を望まない場合は,ローン会社や不動産業者と相談をして,可能な限り高値で任意売却を行い,ローンを返済します。

任意売却価格がローン残額より高ければ,余りを財産分与としてご夫婦で分け合うことができます。

しかしながら,任意売却価格がローン残額より低ければ,任意売却はできず,ご夫婦はその後のローンの返済方法を話し合って,離婚協議書を作成する必要があります。

 

 具体的な事情により取るべき方法も様々となりますが,後でトラブルにならないように,法的な側面からしっかりと取り決めをして離婚を進めていくことが重要となります。

 離婚に際してどのようにペアローンのご自宅を取り扱えばいいかわからずお困りの際は,ぜひ一度弁護士にご相談ください。

 春日井事務所 弁護士池戸友有子

離婚法律相談